【神戸ビルボード】ユニフォーム制作なら安心!チームウエアー、企業用ユニフォーム、スポーツユニフォーム、学園祭、イベントウエアーやOEM別注生産までデザインからワンストップの一環仕上げで任せて安心!
ホームデーターってなに?
データって何? データでデザインを送る?データとはどういったものなのか、ご説明いたします!

 
<内容一覧>
 
   

データとは何?
■パソコンで作ったり、デジカメで撮影したデジタルなものです
  IllustratorやPhotoshopなどのソフトで作成されたものやデジカメで撮影された写真などを そのままプリント出来る状態のものを言います。

 
原稿との違いは?・・・?
  原稿とは、手書きの文字やイラスト、雑誌やパンフレットの切り抜き、または以前着ていた服に印刷されていた柄等はそれを元に作り直すので、原稿と言います。

※手書きのものは出来る限り、折り曲げたり、シワにならないように送ってください。
せっかくの原稿が台無しになってしまう恐れがあります。
ましてや、大切な原稿をチラシや裏紙に書いては、思いが伝わりませんね(^^ゞ

※完全データーでも、ある程度はコチラで修正いたします。


 

入稿データに関する注意点
■対応可能な拡張子
  ai , eps , psd , pdf , jpg , gif , png , bmp
これ以外はコチラで開けない可能性があります。

 
■圧縮される場合の形式
  Lzh、ZIP、sit

※各ファイルを一つのフォルダにまとめた後、フォルダを圧縮してください。
※圧縮後、再び解凍し、開けることをご確認ください。

 

Microsoft Office系のソフトで作成されたデータについて
■Word Excel PowerPoint などで作られたデーターは、現在取り扱っておりません。
  【拡張子】 doc , xls , ppt

【主な注意点】
・WordやPowerPointのデータではそのまま使えません。場合によっては入力代がかかりますのでご了承ください。
・Office系のソフトをお使いの場合、書体が置換わる場合がありますのでご注意ください。
・Office系のソフトで塗りの指定をされた場合、印刷用のソフトではないため変換の際に色が変わります。

 

Adobe社のソフトで作成されたデータについて
■Illustrator Photoshop Acrobat など
  【拡張子】 ai , psd , pdf , eps

【主な注意点】
・必ずアウトライン化したデータにしてください。
・バージョンはいくつでもかまいませんが、バージョン限定機能は使用しないでください。
・可能であれば色ごとにレイヤー分けしてください。
・同色のデザインが重なっている部分は合体をかけておいてください。
・トンボは不要です。

 
データについて(イラストレーター/フォトショプ)
  ■フォントは全てアウトライン化してください!  
入稿は、アウトライン化した(図形化)データでお願いします。
(Illutratorの場合はアウトラインの作成、Photoshopの場合はラスタライズ)


お客さまがご使用するフォント(書体)を当社でご用意できない場合、
ほかの代替フォントに変換され、 文字間も変更されるので、
ご指定のデザインの色を忠実に再現できなくなります。
このような事を避けるため、 必ずアウトライン作成データでのご入稿をお願いします。

  ■ファイル名には必ず拡張子をつけてください!  
ファイル名には必ず拡張子をつけて保存して頂くようお願いします。

「.ai」「.eps」「.jpg」「.psd」形式で保存して下さい。

  ■カラーモードについて  
入稿データのカラーモードはIllustrator、Photoshopに限らず、
「CMYKモード」で制作します。


入稿データのカラーモードはIllustrator、Photoshopに限らず、「CMYKモード」で制作します。
「CMYK」は「C(シアン)」「M(マゼンタ)」「Y(イエロー)」「K(ブラック)」の
4色で表現されており、 印刷物の大多数がこの「CMYK」で印刷されています。

カラーモードについて詳しくはコチラ


パソコンのディスプレイで表示している画像や文字の色表現は
RGB「R(レッド)」「G(グリーン)」「B(ブルー)」の 3色で構成されていて、
一般的に「RGB」と呼ばれています。
データは印刷に使用しますので「CMYK」である必要があります。
Photoshopであれば新規で書類を作成する画面で設定、
もしくは「イメージ(I)」メニューから「モード(M)」から
「CMYK カラー(C)」を選択することで設定できます。

イラストレーターデータについて
  ■画像の配置、埋め込みについて  
一般的に「配置」と「埋め込み」の二つの方法があります。

配置 画像データをIllustratorのデータ上でリンクさせる方法。画像に関する情報はIllustratorには含まれていない。容量は軽いが、プレビューは粗くなります。また、入稿される場合は、配置をしている元画像が必ず必要になりますので、「.aiファイル」と「配置画像」を同一のフォルダの中に入れて、圧縮した状態で送って下さい。
※「配置画像」 が一緒に入稿されなかった場合、弊社で画像データを確認することが出来ませんので、画像は印刷できません。
埋め込み 画像データの情報をIllustratorのデータ上に埋め込んでしまう方法。全ての情報がIllustratorデータの「.aiファイル」に含まれてしまうため、データが重くなってしまう恐れがあり、作業の効率が悪くなる場合があります。又、変更も出来ません。

  ※可能であれば色ごとにレイヤー分けしてください。
  ※同色のデザインが重なっている部分は合体をかけておいてください。
  ※トンボは不要です。


■画像の配置
Illustratorに配置できる画像形式は『eps』・『tiff』
・『Adobe Photoshop』・『jpeg』・『gif』・『pdf』などです。
印刷などを前提にデータを作成する場合は
5『eps』形式のCMYKカラーモードが最適です。
Illustrator9.0から追加された透明効果やアピアランスを画像に移用する場合は、
画像を埋め込む必要があります。
必ずラスタライズしてください。

■バージョン限定機能について
「透明効果」を使用される場合のご注意点

「透明効果」とは、[ドロップシャドウ]、[ぼかし]、[不透明度]による効果設定をいいます。
Illustrator9.0以降のバージョンより使用可能な「透明効果」、
一部フィルタ効果(ドロップシャドウなど) を使用されますと、
従来のEPS形式での保存ではプリン結果が意図したものにならなかったり、
加工過程で不具合が起きる場合がございます。
そのため「透明効果」を使用されているデータに関しては
PDF形式またはAI形式(Illustratorネイティブ形式)での入稿を推奨しております。

フォトショプデータについて
  ■画像解像度について  
画像解像度はプリント等倍サイズで350dpi程度が必要になります。

低解像度でのご入稿は画像が粗くなります。入稿前に必ずご確認下さい。

■カラーについて
CMYKモードにしてから入稿してください。

カラーの場合、ダブルトーン、インデックスカラー、
RGBカラー、Labカラーデータは、CMYKモードにしてください。

※もしRGBで入稿された場合は、色の見え方が変わりますが、ご了解ください。

PDFデータについて
 
PDF作成後は必ずAcrobat・Acrobat Reader・Adobe Readerで
作成したPDFを開いてご確認下さい。
Acrobat以外の作成元のソフトウェアで開いて確認しないでください。

 
■フォントについて
フォントは埋め込みかアウトラインにしてください。

PDFにフォントがすべて埋め込まれていないと、
意図しない状態でPDFに出力される場合があります。
PDFにフォントが埋め込まれているかどうかを確認してください。
PDFへのフォントの埋め込みがわからない場合はフォントのアウトラインをしてください。

■画像について
画像の解像度を確認してください。

AcrobatやIllustratorなどで画像の解像度の設定が
正しく設定されていないと画像の解像度が著しく低下する場合があります。
画像の解像度が意図したとおりに保存されているかを確認してください。


その他のソフトで作成されたデータについて
■写真、手書き、その他ペイントツール、などデーターのレベルがそのままプリントされます。
  【拡張子】 jpeg , bmp , png

 
カラーモードについて
  【主な注意点】
通常一般的な画像編集ソフトでデータを作成した場合、RGBモードになっています。
パソコン上の画面ではきれいに見えていた色が印刷したら色がくすんでしまいます。

これは、RGBの3原色をCMYKの4原色で印刷するからです。

当社でプリントする場合で、カラーコピー転写、フルカラーカッティング、インクジェットダイレクトプリントは、モニターで見た時の色と印刷した時の色は大きく変わりますので、ご了承ください。


 
カラーモードについての詳細はこちら


※Adobe、Illustrator Photoshop Acrobatのロゴ、その他、記載されている会社名、製品名、
Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびにその他の国における商標または登録商標です。
※Microsoft Officeロゴその他、記載されている会社名、製品名Microsoft Corporationの米国及び
その他の国における登録商標または商標です。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス